PR

一番安いポケット型Wi-Fiの値段、持ち運び便利でいろんな場所で使えます

電気製品

どこでも持ち運び便利なポケット型Wi-Fi、スマホやタブレットでインターネットを利用する際にポケット型Wi-Fiは必需品です。
また趣味で動画を楽しんだり、自宅で仕事をする場合でもポケット型Wi-Fiは欠かせません。

機能性と使いやすさ

ポケット型Wi-Fiは小型で持ち運び可能な通信端末で、「モバイルルーター」「モバイルWiFi」などと言われることもありますが、すべて総称して「ポケット型WiFi」と呼ばれてます。

パソコンでインターネット通信を行うためには、インターネット回線が必要です。

自宅やオフィスの回線で有名なのが「フレッツ光」です。

ポケット型Wi-Fiの回線はスマホと同じで、「移動体通信回線」で通信業者が基地局からの電波をキャッチして通信します。

ネット回線には主に4種類あり、それぞれのメリットとデメリットがあります。

【メリット】
光回線     :通信速度が高速で安定
ルーター    :回線の開通工事が不要
テザリング   :回線の開通工事が不要
         スマホがあれば使えます
         外出先でも使えます
ポケット型Wi-Fi :回線の開通工事が不要
          外出先でも使えます

【デメリット】
光回線      :回線の工事が必要
         自宅でしか使えません
ルーター    :自宅でしか使えません
テザリング   :回線速度が遅いです
ポケット型Wi-Fi:充電の手間がかかります
         場所により回線が不安定

※テザリングとは、スマホの通信機能を使い、パソコンをインターネットにつなぐ機能です。
私は以前、インターネット回線によるパソコンと通常のスマホを使ってました。
パソコンを外に持ち出す時は、スマホをテザリング設定し、スマホとパソコンを同時に使ってました。
その後ポケット型Wi-Fiを購入し、自宅、会社、外出先ではポケット型Wi-Fiを利用しスマホとパソコンを使ってます。

Wi-Fiのメリットとデメリット

ポケット型Wi-Fiはどこでも使えて便利ですが、メリットとデメリットがあります。

【メリット】
・自宅でも外出先でも利用できます。ポータブルで持ち運び可能です。電波の届くエリアならどこでも利用できます。

・光回線は、電柱から光ファイバーケーブルを引き込む回線工事が必要です。工事費は2~3万円が一般的で、工事の立会が必要です。
 一方ポケット型Wi-Fiは工事の必要はなく契約事務手数料と端末料金で済みます。光回線と異なり工事が必要ないため、契約するとすぐに利用できます。

・光回線に比べて月額利用料金が安いです。メーカーによりますが1カ月3,000円台からが多いです。
 ポケット型Wi-Fiを携帯と併用することでスマホ料金まで安く抑えられます。

【デメリット】
・大勢でシェアするのには向いていません。端末を複数人で共有する家族や、多くの機器を同時に使用する人は、固定式のホームルーターがおすすめです。

・通信速度制限があります。一定のデータ利用量を超過すると、通信速度が遅くなります。動画やビデオ通話をしっかりと利用したいのであれば、光回線がおすすめです。

・回線が安定しにくいです。私が使用して思うことは電波が入りにくいことがあります。障害物のある地下や頑丈な建物内では、なかなか繋がらないことがあります。

まとめ

ポケット型Wi-Fiのおすすめは、
・場所に関係なくどこでもインターネットを利用する場合
・契約後にすぐインターネットを利用する場合
・独身者や小家族でインターネットを利用する場合

電車内や喫茶店でパソコンを利用してる者をよく見かけます。私も喫茶店や図書館などで、ブログを書きます。

さらに手持ちのパソコンは、自宅と職場の両方で使用します。電波の入りにくい場所があることや電気を使用しますので1日2回充電しますが、ポケット型Wi-Fiは便利です。

7倍P※2000クーポンあり【UMIDIGI公式】UMIDIGI G5 スマホ 16GB RAM 128GB ROM 1TBまで拡張 Android 13 スマートフォン 本体 simフリー 6.6インチ 90Hzリフレッシュレート 5000万画素メインカメラ|5000mAhバッテリ−|顔認証|指紋認証|GPS|OTG 携帯電話価格:19900円
(2023/11/23 12:43時点)
感想(4件)
Nintendo Switch(有機ELモデル) スカーレット・バイオレットエディション
Nintendo Switch | 2022年11月04日発売

コメント

タイトルとURLをコピーしました